武田塗装 有限会社

武田塗装(有)|建築塗装、塗り替え、遮熱塗装、リフォーム|東京都豊島区

お問い合わせ

 

ブログ

 

HOME»  塗替えの基礎知識

塗り替えの基礎知識

新築してから5年が経過。まだまだ大丈夫?

こんな症状が現れたら塗り替えをお考えください。

<外壁>はがれ

 

<屋根>変色

 

<屋根>サビ

 

<外壁>ヒビ割れ

 

<屋上>雨漏り

 

<外壁>鉄筋露出

 

<外壁>カビ・藻

 

<外壁>はがれ

 

<外壁>チョーキング

 

<内壁>カビの発生

 

<木部>塗装のはがれ

 

<金属部>サビ

 

住まいは必ず歳をとる。老化が進む前に、対策しましょう。

新築して5年目。美しい美観を十分に保っていると思えても、日光や雨が当たるなど、厳しい環境にさらされる部位は、徐々に傷みが始まっています。

 

<一戸建ての場合>
●手摺りや金属屋根、窓など鉄部のサビ
●外壁モルタルのヒビ割れ
●外壁のカビ・藻類
●塗料の欠け落ち・剥離
●排気ガスなどによる汚れ
●木製玄関ドアの塗装劣化

<集合住宅の場合>
●屋上からの雨漏り
●バルコニーや屋根周りからの雨漏り
●外壁モルタルのヒビや隙間
●アルミサッシの白サビ・・・

 

あなたの住まいが現在築5年目前後なら、以上のような症状が現れていませんか?
もしそうなら、そろそろ“塗り替えどき”です。

 

▼塗り替え時期の目安

 

住まいの各部位の耐用年数は、塗料や下地の素材によってはもちろん、日照時間の違い、通風の具合、気候や周辺の環境といった様々な条件によって変わってきます。下の表に一般的な目安となる塗り替え時期を示しました。

■一戸建ての場合

一戸建ての場合の塗り替え時期の目安

■集合住宅などの場合

集合住宅などの場合の塗り替え時期の目安

もちろん、この年数に至っていなくても塗り替えが必要になる場合もありますので、詳しくは当社までお問い合わせください。

 

※部位や素材によって、手入れの時期は違ってきます。

 

高い資産価値を長く保つために、早めの塗り替え、こまめな対処。

つい怠ってしまいがちな、住まいのお手入れ。しかし住まいの老化現象は放置しておくほど急テンポで進行してしまうのも事実です。大切な資産を長持ちさせるために、早め早めに塗り替えて対策しておきましょう。症状が軽いうちに塗り替え工事を行うことで、工期が短くでき、余分な費用をかけずに住まいを美しくリフレッシュできます。

 

塗り替えを頼もうと思うが、工期・費用はどれくらいかかるのか?

通常見積もり1週間以内! 費用については無料でお見積もり致しますのでお気軽にご相談ください。

当社では、事前の調査期間を含めて、必ず1週間以内にお見積もりを出しています。
お忙しい施主様のため、迅速・丁寧に動きます!

 

●綿密な打ち合わせが重要です。

塗り替えを確実に、美しく仕上げるためのポイントは、事前の充分な打ち合わせです。
塗装会社は、お客様の「どこをどう直したいのか」というニーズを正確に把握し、それに応じた御見積もりを作成する必要があります。ですのでお客様も、不明点があれば打ち合わせ時点でしっかりと確認をし、わからないことがあればご質問をください。
また、集合住宅の場合は、お見積もりをご依頼いただく前に、管理組合のご担当の方を中心に各住戸のオーナーの皆様との意見調整を済ませておくことが、短工期・ローコスト化の秘訣です。

 

●見落としのない、確かな施工を計画。調査・診断のプロにお任せください。

住まいの健康を回復させる処方は、まず適切な診断が重要です。
一戸建ての場合は、目視調査(無料)を行って傷み具合を調査します。そこで得られたデータと、お客様のご要望などを総合して、最適な施工計画を立案します。
また特殊なケースや集合住宅の場合は、経験豊かな専門家による調査を実施(有料)。徹底的なチェックで直すべきところは見逃さない、万全の体制で望みます。

 

※調査方法について詳しくはお問い合わせください。

 

その他

●自分でできるメンテナンス

普段からメンテナンスを行うことで、塗装劣化の予防になります。

 

■外壁/普段から水流を高圧にできるホースで洗浄したり、壁から物や植木類を離して置き、通気性を確保することでカビ・藻類の発生を予防できます。
■内装/カビの出やすい浴室は使用後の換気を十部に行う、シャワーを壁で洗い流して付着した汗や脂分を落とします。
■開口部/窓の木枠塗装が傷むのは、結露が主な原因です。こまめに水滴を取り除くよう心がけてください。

 

●業者選びの目安

 

塗装会社の中には、残念ながら「簡単にできます」などと言葉巧みに契約を結び、手抜き工事でお客様にご迷惑をかける悪質な業者も存在します。もちろん、そういった業者はアフターサービスなどの期待もできません。しかし、一般のお客様には、業者の善し悪しがなかなか判断できないもの。

そういった場合、一つの目安として東京都塗装工業共同組合(東塗協)の加盟組合員であるかどうかを判断基準にするとよいでしょう。
東塗協は都知事認可の団体で、プロの技術とサービスを提供する塗装会社の組織。もちろん当社も組合に加盟しておりますので、安心してご依頼いただけます。

ただもちろん、東塗協に加盟していない業者さんが信頼できないかといえば決してそのようなことはなく、非加盟でも素晴らしい仕事をする塗装業の方はたくさんいらっしゃいますので、あくまで目安の一つとしてお考えください。

 

●費用を抑え、工期を短くしたい場合は、とにかくプロに任せるのが一番!

 

住まいの傷みは、一軒一軒で症状が異なります。したがって費用も塗料もケースバイケースです。傷み具合が軽そうだからと自分で塗装・補修しようとするのは、正しくない場合が多く、後に本格的な修繕が必要になったとき、かえって費用がかさむことになってしまいます。ご自身で作業を行う前に、まず一度、専門家の目を通しましょう。

また、仕上がってからのやり直しを避けるためにも、塗り替えを塗装会社へ依頼したら、面倒でも工程表や仕様書は細部まで確認しておくことも重要です。

 

●自分だけの問題ではない、住まいのカビには早めに対処しましょう。

 

北面の壁など、日当たり・風通しの悪い場所に発生するカビ。ことに日本は高温多湿の風土だけに、カビ・藻の問題は多くの方々の悩み種です。
困るのは、放置しておくと南面の日当たりのいい壁にまで広がってくること。隣家にまで伝染する場合も少なくありません。ご近所に迷惑をかけない意味でも、住まいのカビは早めの対処が肝心です。
当社では、防カビ・防藻性に優れた塗料でカビの発生を抑えるお手伝いをしていますので、お気軽にご相談ください。